「若者政策推進議連(仮称)」発足に向けて与野党国会議員と主要若者団体を集めた事前打合せ開催

若者政策推進議連事前打合せ

若者政策推進議連事前打合せ

2018年3月20日、超党派で構成される「若者政策推進議連(仮称)」発足に向けて、自民党・牧原秀樹衆議院議員をはじめ与野党の国会議員と主要若者団体を集めた事前打合せを開催しました。

若者団体には、日本若者協議会をはじめ、特定非営利活動法人YouthCreateや一般社団法人リビジョン、学生団体ivoteなど、今まで若者の政治参加や主権者教育をリードしてきた団体を中心に計23団体が参加。

事前打合せでは、議連発足の経緯説明や若者側から議連の検討課題に関する要望など意見交換が行われました。

若者側からは「被選挙権年齢の引き下げ」や「供託金の引き下げ」などに加え、証拠に基づく政策立案(エビデンス・ベースド・ポリシー・メイキング=EBPM)、機械が判読できる形での選挙などの情報公開、ピア・エデュケーションの推進などが提言されました。

議連において具体的にどういう政策の議員立法を目指すかは今後検討していくことになりますが、大きくは、若者の政治参加など(直接的に)若者に関する政策や、社会保障や財政など(もっと広い範囲での)若者が責任世代として成し遂げるべき政策を検討していきます。

 

参考:

若者政策推進議連発足へー若者の意見は政治に反映されるようになるのか?

Comments are closed.