学校での「生理休暇」の導入を求めます!署名のお願い

現状、働く労働者に対しては、労働基準法第68条「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求した時は、その者を生理日に就業させてはならない」によって生理休暇が認められているのに対し、中高生に対してはそのような制度がありません。しかし、中高生の生理痛が大人の生理痛より軽いなんていうことはありません。

日本若者協議会と#みんなの生理では、学校(小・中・高校、専門学校、大学など)に在籍されている方を対象に、小学校、中学校、高校での生理休暇の導入についてアンケートを実施しました。

その結果、生理が辛くても、学校を休めない現状が明らかになりました。

自由記述では、「生理痛で椅子に座っていられない」「スカートを履かなければならないので体が冷えて生理痛が悪化する 」「ナプキンがずれたら気持ち悪くて体育が嫌だ」「精神不安で授業中に涙が止まらない」「衛生面やタンポンをしたくないなどの理由でプールに入りたくない 」「精神的にすごく落ち込んで辛くなり、人と関わるのがしんどくなる」といった声が届けられました。

こうした声を踏まえ、日本若者協議会と#みんなの生理では、学校でも「生理休暇」を取れるよう、署名を立ち上げました。
世論喚起のためぜひ署名とシェアをお願いします!

署名の詳細は以下をご覧ください。
https://chng.it/PBZmm2Lx

Comments are closed.