若者の声を政策に反映させることを目指して

超党派の若者団体です。
 一緒に私たちの声を政党に届けよう。

日本若者協議会
日本若者協議会では、2019年2月より、2019年7月の参議院議員選挙に向けて、「日本版ユース・パーラメント2019」などを通して、主要6政党に対し政策提言を行ってきました。300名近くの若者とともに「若者の政治参加」や「教育」、「社会保障」など約30の提言を行い、全党の公約掲載に成功しています。
 
そして、先の参議院選挙以降、憲法改正に注目が集まっている状況を受けて、また護憲派対改憲派という旧態依然とした対立構造から脱却した未来志向の立憲主義について考えを深めるべく、公開意見交換会「国民民主党 玉木雄一郎代表がホンネで語る憲法改正論」を下記の通り開催することといたしました。
 
今、憲法改正を行う必要があるのか?
あるとすれば、具体的にどこを変えていくべきなのか?
 
若者が主体となって、意見をまとめていきたいと思います。
 
今回の勉強会では、国民民主党の玉木雄一郎代表をゲストに、玉木代表の著作である「令和ニッポン改造論」第一章の内容を軸として、旧来の「護憲派対改憲派」の対立軸にとらわれない憲法改正論のあり方について議論をしたいと思います。
 
 
【開催概要】
■イベント名:若者が考える憲法改正 vol.1〜国民民主党 玉木雄一郎代表がホンネで語る憲法改正論〜
■日程:2019年9月27日(金) 16時15分〜18時45分(開場15時45分)
■開催場所:衆議院第二議員会館 第一会議室
東京都千代田区永田町2丁目1−2
■参加費:
・会員ー無料
・非会員(39歳以下)ー1,000円(学生の会員登録は無料で行うことができます。社会人は入会金として5000円必要になります)
  会員詳細・登録先→ https://bit.ly/2DnP3Dd
・40歳以上ー2,000円
■定員:50名 程度
■対象:若者を中心とした本テーマに関心のある方
■主催:日本若者協議会
 
■当日スケジュール:(予告なく変更する可能性がございます)
15時45分 開場
16時15分 開会
16時15分 開会挨拶
16時20分 日本若者協議会スタッフによる論点整理(現状の憲法改正案について)
特に9条(安全保障)、同性婚、教育、食糧安全保障について
16時30分 国民民主党・玉木雄一郎代表によるご講演・問題提起(45分間)
17時15分 会場との質疑応答(30分間)
17時45分 休憩(玉木代表退出)
17時50分 グループディスカッション(若者が考える憲法改正案)
18時30分 各グループ発表
18時40分 閉会挨拶
18時45分 閉会
 
 
日本若者協議会では共に政策を考え提言する仲間である「会員」を募集しております。今後イベント情報や優先的な登壇機会等を提供いたしますので、希望する方は以下をご確認ください。
高校生以下は入会費・年会費無料となっております。
 
・日本若者協議会とは
「若者の意見を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体です。具体的には、「被選挙権の引き下げや供託金の引き下げ」「審議会での若者比率の上昇」「若者担当大臣/子ども・若者省の設置」等を提言してきました。2016年参院選や2017年衆院選、2019年参院選では、主要6政党の公約に載せることに成功しています。2018年5月に発足した超党派の「若者政策推進議員連盟」では事務局を担当。個人・団体会員の合計は約4,100名となっています(2019年8月時点)。
 
【取材・連絡先】

団体概要、政策提言実績

コンセプト

日本若者協議会は、超党派の若者団体です。若者の声を政策に反映させることを目指し、与野党問わず各党へ働きかけ、若者の声が政策に反映され、また本当に実現されることを目指して活動しています。ご一緒に私たちの声を政党に届け、社会に反映させて行きましょう!

cropped-4c3077_7a446cec04b648318422706705f870aa.jpg_srz_p_941_447_75_22_0.50_1.20_0.jpg

 

 

活動内容

私たち日本若者協議会は、若年層の意見を汲み取り、政策提言を通じて政策決定の場に若年層の意見を反映させ、若年層及び将来世代が生きやすい社会の実現に資することを目的としています。
このため、政府、政党、団体等と対話及び協力し、(1) 若者及び将来世代に影響する諸課題に関する意見集約・分析、(2) 調査結果を踏まえ、政策を提言し、その実現を働きかける活動(3) 会員間の交流の促進(4) その他、目的を達成するために必要な事業を行います。

 

2部集合1維新の党会議村井議員1高橋

看板公明党政策提言手渡し議論 若者