若者の声を政策に反映させることを目指して

超党派の若者団体です。
 一緒に私たちの声を政党に届けよう。

日本若者協議会

日本若者協議会主催第一回勉強会のお知らせ

日本若者協議会は、昨年から各政党との政策協議、政策提言を行ってきましたが、今後さらに若者の声を政策に反映できるよう、政策提言の質向上、また、継続的に政策などについて議論できる場所として毎月勉強会を開催していきたいと考えています。

 

 

そこでまずは、活動の基本となる「ロビイング」をテーマに、9月に第一回勉強会を開催します。
今回は第一回と第二回をセットにし、第一回で「ロビイング」の基礎について学び、第二回で実際に若者政策を実現するためにどう法律を変え、ロビイングしていくべきか、ワークショップ中心に学んでいく予定です。

 

講師として、「誰でもできるロビイング入門〜社会を変える技術〜」の著者で、認定NPO法人フローレンスに所属し、「子ども」「女性」「マイノリティ」の権利擁護や政策提言を行ってきた明智カイト様をお招きします。

 

会員の方や今までイベントに参加された方はもちろん、まだ一回も参加したことがないという方もぜひご参加ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

【開催概要】
テーマ:「ロビイングとは何か?〜若者が社会を変えるために〜」
日程:9月24日(土)19時〜21時30分
※第二回勉強会は10月23日(日)17時〜20時+懇親会1時間の予定
開場時間:18時30分
会場:京橋プラザ区民館
都営浅草線宝町駅A1出口、有楽町線新富町駅2番出口
参加者募集:30名

 

参加費(第二回勉強会は別途参加費となります):
【一般参加者】
高校生ー無料
大学生ー1,500円
社会人(〜39歳)ー2,500円

社会人(40歳〜)ー4,000円

【会員】
高校生ー無料
大学生ー1,000円
社会人(〜39歳)ー2,000円

 

【コンテンツ】(予告なく変更する可能性がございます)
18:30 開場
19:00 開会挨拶
19:05 アイスブレーク
19:20 講師による講演
20:40 質疑応答
21:25 閉会挨拶

 

 

【講師プロフィール】
明智カイト様
認定NPO法人フローレンス所属。主に「子ども」「女性」「マイノリティ」の権利擁護や政策提言を行う。自身も中学生の時にいじめを受け、自殺未遂をした経験から「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」を立ち上げて、「いじめ対策」「自殺対策」などのロビー活動を行う。2012年の自殺総合対策大綱の見直しでは「性的マイノリティ」も含めるように政府に対して働き掛けを行う。国際連帯税の導入、休眠預金活用についても提言している。「ストップいじめ!ナビ」メンバー、ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。著書に『誰でもできるロビイング入門~社会を変える技術~』(光文社新書)

 

・日本若者協議会とは
「若者の意見を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体。具体的には、被選挙権の引き下げや供託金の引き下げ、審議会での若者比率の上昇、若者担当大臣/子ども・若者省の設置、などを提言。参院選では、主要政党の公約に載せることに成功している。 http://youthconference.jp/

 

【連絡先】
e-mail:youthcommissionjapan@gmail.com

 

注意事項
学生の方は学生証の提示をお願いしております。当日は学生証をお持ちください。

政策提言実績

infographic_20160330_JYC

 

コンセプト

日本若者協議会は、超党派の若者団体です。若者の声を政策に反映させることを目指し、与野党問わず各党へ働きかけ、若者の声が政策に反映され、また本当に実現されることを目指して活動しています。ご一緒に私たちの声を政党に届け、社会に反映させて行きましょう!

cropped-4c3077_7a446cec04b648318422706705f870aa.jpg_srz_p_941_447_75_22_0.50_1.20_0.jpg

 

 

活動内容

私たち日本若者協議会は、若年層の意見を汲み取り、政策提言を通じて政策決定の場に若年層の意見を反映させ、若年層及び将来世代が生きやすい社会の実現に資することを目的としています。
このため、政府、政党、団体等と対話及び協力し、(1) 若者及び将来世代に影響する諸課題に関する意見集約・分析、(2) 調査結果を踏まえ、政策を提言し、その実現を働きかける活動(3) 会員間の交流の促進(4) その他、目的を達成するために必要な事業を行います。

 

2部集合1維新の党会議村井議員1高橋

看板公明党政策提言手渡し議論 若者