「被選挙権と少年法を一致させる必要性はない」、「選挙公営の見直しも」【若者政策推進議連第四回総会】

被選挙権、供託金額引き下げを検討している若者政策推進議員連盟(会長:自民党・牧原秀樹衆議院議員、通称若者議連)。

2018年7月6日に行われた第四回総会では、法務省、総務省、農林水産省、国会図書館調査室の担当者にヒアリングを行った。

現在、論点となっている、被選挙権年齢と少年法との兼ね合い、諸外国における選挙にかかる公営費用や乱立防止策等について理解を深めた。

続き→ https://news.yahoo.co.jp/byline/murohashiyuki/20180713-00089218/

Comments are closed.