初投稿!

初めまして!日本若者協議会準備会です!この団体は若者世代が直接政治へ意見を届け、若者代表が政党や政府と交渉を行うことが出来る場を作ることを目指しています。そのために今現在、超党派で超スピードでイベントを開催しています。実は明日もイベントを企画しているのです(笑)以下詳細です。↓【第二回合同勉強会 開催します!(維新の党)】

こんにちは!日本若者協議会準備会です。
3回連続で政党と合同で勉強会を行い、若者の声を政策に取り入れてもらう連続勉強会。維新の党との第2回を週明け月曜日に開催します!前回ご参加できなかった方も大丈夫。興味深いアイディアが続々と出ています。ぜひこのワクワクするディスカッションにご参加ください!

【詳細】
7月6日(月)18:30~20:30 @衆議院第一議員会館
※18:15 第一議員会館1Fロビー待ち合わせ(途中参加の場合は到着時間をご連絡ください)
・維新の党へ提案する政治参加に関する政策を、具体的に議論します。
・第一回にご参加されていない方でも大丈夫です。
党の政策に盛り込む内容を国会・地方議員の方々と議論できる貴重な機会です。

【お申込・お問合】
※参加にはお申込が必須です。以下のメールアドレスまで、(1)お名前(ふりがな)、(2)7月6日維新の党勉強会参加申込、(3)連絡先メールアドレス、(4)職業、をお送りください。

送り先: youthcommissionjapan@gmail.com

これを踏まえまして、今回は先月6月1日に行われました第一回合同勉強会の様子をアップしたいと思います!

【第1回維新の党青年局との合同勉強会】

日時:6月1日(月)18時半~20時半
場所:衆議院第1議員会館
<おおよその当日の進行の流れ>
・維新の党は青年局長浦野先生から、日本若者協議会準備会から福島から開会の挨拶
・日本若者協議会準備会の紹介
・参加者全員の自己紹介
・今回の勉強会の位置づけ、及び流れの説明
・日本若者協議会準備会事務局から若者政治参加についてのプレゼン
・参加者の斎木陽平さんから、“少子高齢化がどんなふうに政治参加の意義を高めるか”に関してプレゼン。(主に選挙制度に関することからお話をして頂きました)
・質疑応答
・休憩(10分)
・一般参加者と議員さん(地方議員の皆様と国会議員の皆様)と1対1 or 1対2で若者政策について意見交換
・意見交換の結果を発表
・今後の流れを説明した後閉会→懇談会へ
質疑応答では一般参加者の方から“小中学校でリアルな内容の政治の授業を1時間くらいする”という要望が出されたのに対し、維新の党の浦野先生・落合先生・青柳先生から“いい提案で、政治教育はやらなければならない”といった回答を頂けました。
意見交換で出た意見としては、
・与野党協議によって若者政策を作る場を作ってほしい
・ネットで投票できるようにする
・コンビニやネット、娯楽施設などの近くで投票できるようにする
・罰金制度を設ける
・若者政策担当大臣の創設
・一人3票の投票権を持つ
・ドメイン投票方式の導入
・選挙の際に公開討論会の実施
などが挙げられました。
今回参加して頂いた維新の党の議員さんはお忙しい中にもかかわらず多くお越し頂き、とても感心が高く持っていただいていることがわかりました。また一般参加者と議員さんの意見交換も非常に活発に行われ、意見交換の発表で共有できたことは今回の勉強会の大きな成果の一つとなりました!第2回の勉強会では、これらの意見などを総合集計して検討を重ねてぶつけていければと考えております。維新の党の議員さんからは大胆に踏み込みエッジが効いた政策を提言出来れば良いとのコメントを頂いたので、そこを目指して進んでいきたいと考えています。

第1回目はこのような感じでした!いかがでしょうか?少しでも興味を持って頂けたら、是非イベントに参加してみてください。参加大歓迎です!お待ちしております!

今後もイベントの情報やイベントの報告などをさせて頂こうと思っています!

それでは、よろしくお願いいたします。

日本若者協議会準備会

PS:以下の写真は前回の勉強会の時のものです。写真の中にもありますが、議員さんと議論する時間もあったりと、なかなか出来ない体験が出来ますよ

IMG_20150601_183248IMG_20150601_192923
IMG_20150601_201800
IMG_20150601_190033IMG_20150601_201723

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です