若手研究者の課題について、アンケート実施のお知らせ

これまで日本若者協議会では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、日本人留学生や大学院生、若手研究者への支援を政府に要望して参りましたが、今後若手研究者の待遇改善を図るため、アンケートを実施します。

「自己責任」すぎる日本人留学生へのコロナ対策。政府は早急に対応すべき
博士課程学生からの要望を受けて、学振特別研究員の延長、奨励金繰り越しが可能に
「コロナ禍で研究できない若手研究者に支援を」若手研究者らが予算を要望

非常勤講師に研究者番号が割り振られておらず、大学の施設が利用できない、科研費を申請できない、特別研究員の就労時間が管理されていない(そのため子どもの保育園入園・継続の申請等がしづらい)等、実務上の課題について個別・具体的に記述して頂ければ幸いです。(コロナに関係ない内容で問題ありません)

大規模な予算が必要な課題についてはどうしても時間がかかってしまうと思いますが、細かい点であればスピーディーに解決できると思いますので、なるべく具体的に、現状困っている点について、ご意見を頂ければ大変幸いです。

https://forms.gle/aXCx5cEUrxwLEAeX9

ご回答頂いた内容は、日本若者協議会で整理し、政府・政党に要望させて頂きます。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答期限:9月23日(水)23時59分

Comments are closed.