2/19 日本若者協議会 学習&交流会 IN OSAKA VOL.3開催のお知らせ

日本だと、なかなか気軽に、同世代と政治や社会のことについて話す場がない、特に首都圏以外だとこうした場が少ないという問題意識から、日本若者協議会関西支部では、2か月に一回程度、特定のテーマに対して意見交換を行うオフライン限定の学習・交流会を行います(隔月第3週日曜日の予定です)。

テーマは、若者の政治参加、教育、労働、ジェンダー、気候変動など様々なテーマを扱います。

同世代と社会課題について話したい、交流したいという方は、ぜひご参加ください!

事前知識は不要です(政策立案のための専門的な勉強会とは別です)。

ただ、心理的安全性確保のためのルールだけ設けます。

1.否定しない(建設的な意見を心がける)
2.ひとの話をよく聞く
3.発言の機会をなるべく均等に
4.質問はなんでもOK

※心理的安全性とは

対人関係においてリスクのある行動をしてもこのチームでは安全であるという、チームメンバーによって共有された考え(by Google)

心理的安全性が低い環境では、個人は4つの不安を感じると言われています。

無知だと思われる不安
無能だと思われる不安
邪魔をしていると思われる不安
ネガティブだと思われる不安

終了後、オフライン参加者は交流会(食事会)を行いたいと思います。

参加申込先→ http://ptix.at/E6xRUF

■開催概要
イベント名:日本若者協議会 学習&交流会 in Osaka vol.3
テーマ:政治とアドボカシー団体との距離や役割、関西圏の政治課題
日時:2月19日(日)17:00~19:00
場所:大阪梅田周辺
具体的な場所は申込者にお送りします。
対象者:若者(30代以下)※非会員でも参加可能です
参加費:無料

※会場代として、もし可能な方は寄付チケットの購入をお願いします。

■当日スケジュール:
16時45分 開場
17時00分 開会・自己紹介
17時05分 趣旨説明・団体説明
17時15分 話題提供者:壷井 健智(日本若者協議会関西支部代表)
※毎回別の日本若者協議会メンバーや他団体などの同世代に話題提供してもらいます
テーマ:政治とアドボカシー団体との距離や役割、関西圏の政治課題
17時30分 意見交換
18時30分 交流会
19時00分 閉会

終了後、
任意参加:オフライン交流会(食事会)

参加申込先→ http://ptix.at/E6xRUF

・日本若者協議会では共に政策を考え提言する仲間である「会員」を募集しております。今後イベント情報や優先的な登壇機会等を提供いたしますので、希望する方は以下をご確認ください。
学生は入会費・年会費無料となっております。
→ https://bit.ly/2DnP3Dd

・日本若者協議会とは
2015年から「若者の声を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体です。若者の政治参加、教育、子育て、労働、ジェンダー、環境問題など、若者に大きく関係する政策を主に提言しています。2016年参院選以降の国政選挙では、主要6政党の公約に載せることに成功し、すでに多くの提言が実現しています。2018年5月に発足した超党派の「若者政策推進議員連盟」では事務局を担当。個人・団体会員の合計は約4,900名となっています(2022年12月時点)。

関西支部は、関西圏の地方自治体に対して政策提言などを行なっています。
https://youthconference.jp/